東京新聞宅配

日本の政治や経済、文化の中心「東京」に軸足を置きつつ、全国各地のニュースや海外情勢にも目を向けた多角的な紙面づくり。
東京新聞ならではの視点で、東京から「旬」な情報をお届けします。

商品カテゴリー: 新聞宅配

説明

毎週水曜日は原発記事

事故の収束作業が続く福島第一原発を記録するため、毎週水曜日は巨大なグラフィックを使ったカラー紙面で原発の今を追いかけます。

原発の話題を毎週定期的に読めるのは東京新聞だけです。

創刊1942年(昭和17年)10月1日
発行部数(朝刊)約44万部(夕刊)約15万部
月ぎめ価格(セット版)3,700円(統合版)2,950円
1部売り
価格
(朝刊)120円(夕刊)50円
主な記事
コラム
筆洗
TOKYO発
こちら特報部
デジタル東京新聞電子版
協力紙東京中日スポーツ

東京新聞の比較ポイント!

・地域に密着した情報が満載で、とても細かく掲載されている。
・家計にやさしい購読料。日本の中心である「東京」から見た独自の視点。
・家族で楽しめるサンデー版「図解」など、読みものとしても充実している。

 

発行地域

東京新聞の発行(配達)地域について

東京新聞のセット版(朝夕刊配達)エリアは以下の通りとなります。

東京都・神奈川県

 

東京新聞の統合版(朝刊のみ配達)エリアは以下の通りとなります。

群馬県、栃木県、茨城県、静岡県

 

セット版・統合版の混在している地域

千葉県、埼玉県

 

宅配の新聞は地域ごとに細かく販売エリアが決められており、お住まいの地域を担当する東京新聞販売店から配達されます。

 

お住まいの地域によっては、東京新聞の専売店ではなく、複合店(様々な新聞銘柄を扱う)や合配店(その地域の新聞全てを扱う)から東京新聞が配達されます。

 

東京新聞の宅配購読に関しては、お住まいの地域を担当する新聞販売店とのご契約となります。

 

セット版地域にお住まいの方の朝刊のみ配達も承ります。

紙面紹介

風化させてはいけないような事件や事柄を、定期的に扱うことで、業界内でも高い評価を頂いてる東京新聞。

 

また家族でも楽しんでいただけるように、情報だけでなく「読み物」としても面白いコンテンツをいくつも掲載!

こちら特捜部

「こちら特報部」は、本紙の中で最も炎上しやすいページです。

 

「物議を醸せ」の精神で、扱うテーマは政治、経済、海外ニュースからスポーツ、サブカルと森羅万象全て。「本音のコラム」など、外部の有識者による舌鋒鋭い寄稿もときに火に油を注ぐことに。

 

毎年恒例のエイプリルフール記事にも「いいかげんにしろ。購読をやめる!」なんてお怒りメールが舞い込みます。

 

それでもページを開いて、読者の方にちょっと深呼吸をした気分になっていただきたい。そんな思いを込めたコーナーです。

こちら原発取材班

「原発って難しいんでしょう?」「東京電力福島第一原発は今どうなっているの?」。

 

毎週水曜日、そんな疑問に巨大なグラフィックを使ったカラー紙面で答えていくコーナー。

 

福島各地の放射線量マップや首都圏の放射能データは、取材班自ら現場で線量を測り、東京湾や河川、沼の底にたまる泥や砂を採取して分析も。

 

事故の収束作業が続く福島第一原発を記録するため、半年に一度はヘリコプターで上空から写真や動画の撮影を続けています。

 

原発の話題を毎週定期的に読めるのは東京新聞ならではの特徴です。

TOKYO発

「TOKYO発」に載せるのは、東京新聞ならでは。都心のビジネス街、下町の商店街、緑豊かな多摩地区、伊豆・小笠原の島々。トレンド、伝統、国際性、日常、非日常。

 

あらゆる表情を持つ東京の、人々の息遣いをお届けします。

 

著名人が東京についてリレー形式で執筆する「私の東京物語」や、週末の街歩きに便利なイラスト付きお散歩コラム「東京どんぶらこ」もお楽しみください。

レビュー

東京新聞総合評価

4.5
4.5 rating
4.5 点5 点中 ( 6 件のレビュー)
とても良い50%
良い50%
普通0%
あまりオススメしない0%
オススメしない0%

Tokyo Book Webは本選びの参考になります

4.0 rating
2019年7月25日

本屋さんに行くと膨大な本が揃っていて、特設コーナーも設けられていますが、何を読めばいいのか戸惑うことがあります。そんな時は東京新聞のTokyo Book Webコーナーで紹介されているものを選びます。作者からインタビューをしたり、面白いポイントを上手にまとめてあるので、とても参考になります。

文字文字くん

東京新聞の一面に注目

5.0 rating
2019年7月24日

東京新聞は、他の新聞社の一面と違うところが楽しみのひとつだと思います。
大きな出来事が一面に並びますが、だいたいどこの新聞社も同じ記事を扱うことが多いです。
しかし東京新聞は、独自の考えで一面を決めるようなので、今日はどんな一面が出るのか非常に毎日楽しみにしています。
手作り感があって非常に良い新聞だと思います。

匿名希望

世界に目をむけることで良いところを学ぶ

4.0 rating
2019年7月23日

老後に年金以外に2千万が必要にあるということが話題になってから、将来を不安に感じることがありました。そんな時に東京新聞の私説・論説室で老後に貯金が必要ない国があることを書いていました。貯金をしなくて良い代わりに税金が高いという一面があることを知り、何事にも良いことと悪いことは組み合わさっているものだと考えました。何事もこつこつ忍耐強くすることが重要なのかもしれません。

匿名

「生活図鑑」は身近な生活に潜む疑問を解決できる

5.0 rating
2019年7月23日

周囲に年金受給者が増えるようになってから、年金について真剣に考えるようになりました。東京新聞には「生活図鑑」コーナーがありますが、そこで主婦年金についての特集があり、自分は大丈夫だろうかと不安に感じました。問い合わせ先なども掲載されていたので、すぐに連絡をしたところ、問題はないということでした。身近な生活に潜む疑問を提起したり解決できるコーナーなのでありがたいです。

年金受給

水曜日は原発に注目する日

5.0 rating
2019年7月23日

東日本大震災の被害で、原発事故が発生し、当時の日本は、緊張感に包まれる日が続きました。
しかし今では、原発に関する記事は少なくなり過去の出来事になりつつあります。
しかし、原発の被害は今も収束しておらず、東京新聞では毎週水曜日原発に関する記事を載せています。
今の現状を知る上でとても貴重な記事になっています。

原発反対