【朝日新聞】天声人語をあなたにおすすめする3つの理由。

「天声人語」をおすすめする3つの理由とは?

天声人語とは、朝日新聞の朝刊で100年以上連載されている有名なコラムです。

 

2人の論説委員が603文字という文字制限の中で、日々のニュースから様々な切り口で読者に語りかけてくれ社説とはまた違った視点が人気です。

 

特に学生時代、学校や塾の先生から、受験対策として天声人語を読むように勧められた人も多いのではないでしょうか。

 

新聞を隅から隅まで読む時間を確保できない人は多いと思います。

 

でも、天声人語だけは毎日でも読んでほしい。おすすめする理由は3つあります。

① 文章力が身に付く

天声人語は論説委員という、文章のプロによって書かれている記事です。

603文字という限られた文字数の中で読者に伝えたいことを凝縮しています。

 

文章力とは、1.読解力 2.要約力 3.語彙力から成り立ちます。

そして、それらが詰まっているのが天声人語です。

 

分かりやすい文章を書く技術というのは、意識して練習をしないと習得できないものです。

 

また、一度身に付けば自分の人生において有利に働き、ビジネスでも学校でも必要なスキルであることは間違いありません。

 

天声人語を何度も読んでいると、分かりやすい文章の書き方のヒントが掴めます。

 

短い時間で読めるため、毎朝天声人語に触れる機会を作ってほしいと思います。

 

② ニュースの背景まで考えるクセが身に付く。

私たちが普段何気なくニュースを見ていると、「何が起きているか」は分かりますが、その事実の背景として「何故起こっているのか」まで考える機会は意外と少ないです。

 

天声人語では、事実の背景にまで切り込んで読者に語りかけてくれます。

 

この「なぜ」の問いかけは非常に重要です。

 

事実とは物事の原因が形となって現れたものにすぎません。

 

背景にある原因を理解しなければ、本当にその事実を理解したことにはなりません。

 

特にWebでしか情報を入手していないと、起きた事実のみをただ目にしているだけで、その背景にまで考えることはしないでしょう。

 

天声人語はその背景理解の機会を与えてくれます。

 

背景理解にまで意識が向くようになれば、日々目にする文章やニュースの捉え方が大きく変わり、より深く思考できるようになります。

 

③ 知的好奇心が刺激され、文章に触れる機会が増えるきっかけになる。

読書をする人が減少しているが、多くの人が読書をしたいという気持ちは持ち続けています。

 

ただ、いきなり本を買っても全て読み切らず、挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。

 

そういう人にこそ、天声人語をおすすめします。

 

背景理解への意識が身に付くと、「もっといろいろ知りたい」という知的好奇心が刺激され、情報をキャッチするアンテナがより働く状態になります。

 

あとは習慣的に、無意識に情報を自分から入手し、「何故このような事象が起きているのか」と思考を深め、自分なりの仮説を立てられるようになっていきます。

 

このサイクルが一度身に付けば、思考力はどんどん鍛えられていきます。

 

天声人語とは、読者に様々な機会を与えてくれるコラムです。

 

また、学生だけでなく社会人にもおすすめしたい。

 

新聞を読もう!おすすめの新聞は?

 

天声人語に触れることで、文章力や背景まで考える思慮深さが身に付き、様々な機会を与えてくれ、自分のスキルアップに繋がります。

 

まだ読んだことがない人は、ぜひ一度朝日新聞を手に取って、天声人語を読んでほしいと思います。

朝日新聞の購読申し込み

新聞比較.comでは、全国紙から新聞電子版、こども新聞やスポーツ新聞まで、価格や特徴、読者レビューで新聞を比較、全ての新聞が簡単1ステップでお申し込み頂けます。

 

日本全国お近くの朝日新聞販売店へご連絡。朝日新聞朝刊のみのお申し込みも可能です。


スマートフォンで気軽に、朝日新聞を読みたい方は、朝日新聞デジタルがおすすめ。


学生の方で朝日新聞を購読するなら、料金がお得な朝日新聞デジタル「就活割」がおすすめ。