申し込みが多い人気の新聞

朝日新聞
朝日新聞
総合評価4.7
Read More
「受験の朝日」と言われるぐらい多くの入試問題に朝日新聞の記事がつかわれており、子を持つ親に人気。
2020の大学入試問題に伴い、朝日新聞を購読する方が増えています。
日本経済新聞
日本経済新聞
総合評価4.2
Read More
トップビジネスパーソンの多くが読んでいる日本経済新聞。
「日経」を読むことがひとつのステータスといわれるぐらい、社会人に必須の新聞です。
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
総合評価5
Read More
小学生時代の皇后雅子様やアイドルグループ嵐の櫻井翔さんなど、多くの著名人も読んでいた歴史あるこども新聞。 受験対策として購読している家庭が多いのが特徴。
日刊スポーツ
日刊スポーツ
総合評価5
Read More
No.1の発行部数を誇るスポーツ新聞。 レイアウトの見やすさと、スポーツ新聞としては圧倒的な情報量の多さから、一般紙の代わりとして購読している家庭が多いのが特徴です。
朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
総合評価4.3
Read More
プラン内容、機能や使いやすさ、特典の多さが魅力。
スマートフォンやタブレットで新聞を読みたい方に人気です。
Previous
Next

\新聞の申し込みはオンラインが簡単/

24時間お申し込み可

お近くの新聞店から配達

朝刊のみの申し込みも可

転居先にも配達します

※宅配の新聞は当日17時までのお申し込みで翌日より配達可能です。
※宅配の新聞はお住まいの地域を担当する新聞販売店とのご契約となります。
※宅配の新聞の申し込みは、日曜・祝日の場合、配達開始日が1~2日程遅れる場合があります。

全国紙宅配から新聞電子版、こども新聞からスポーツ新聞まで徹底比較!!

!料金や特徴、読者のレビューで新聞比較。全ての新聞は簡単1ステップでお申し込み頂けます。

新聞宅配料金比較(税込み/月ぎめ)

全国紙(朝日・読売・毎日・産経・日経)+東京新聞の料金比較

銘柄セット版統合版購読
朝日新聞4,037円3,093円申し込み
読売新聞4,400円3,400円申し込み
毎日新聞4,037円3,093円申し込み
日本経済新聞4,900円4,000円申し込み
東京新聞3,700円2,950円申し込み

※産経新聞のセット版は西日本地区のみ発行
※産経新聞統合版の価格は東日本地区の価格
※産経新聞の九州・山口地区は3,085円(統合版)

新聞デジタル料金比較(税込み/月ぎめ)

新聞デジタルサービス(朝日・読売・毎日・産経・日経・東京)の料金比較

サービス名無料プランプラン1プラン2宅配+デジタル
朝日新聞デジタル有料記事1日1本980円3,800円宅配料金+1,000円
読売新聞オンライン一部記事が閲覧可能毎月の新聞購読(宅配)料金で利用可能
デジタル毎日有料記事月10本1,078円3,520円宅配料金+550円
日経電子版有料記事月10本4,277円宅配料金+1,000円
東京新聞電子版なし3,450円なし

※朝日新聞デジタルの就活割は月額2,000
※毎日新聞の宅配購読者は基本料金無料でデジタル毎日の一部サービスが利用可能
※東京新聞電子版の学割は月額1,944

こども新聞料金比較(税込/月ぎめ)

2020年度の大学入試から従来のマークシートに加え「思考力・判断力・表現力」をはかるために記述式問題が出題されます。「書く」「読み解く」を身に付けるために、新聞を読み始める子供たちが増えています。

銘柄料金発行日ページ数購読
朝日小学生新聞1,769円毎日発行8頁申し込み
読売こども新聞550円毎週木曜日20頁申し込み
毎日小学生新聞1,580円毎日発行8頁申し込み
朝日中高生新聞985円毎週日曜日20~24頁申し込み
読売中高生新聞850円毎週金曜日24頁申し込み

※毎日小学生新聞は金曜日と土曜日は12頁の発行
※週1回発行の新聞はお届けする販売店によって、配達日が異なる場合があります。
※お住まいの地域によってはお取扱いがない新聞販売店もあります。

スポーツ新聞料金比較(税込/月ぎめ)

駅やコンビニでスポーツ新聞を毎日買うと140円×31日=4,340円。宅配のスポーツ新聞なら自宅まで届いて毎月1,000円もお得です。毎朝ご自宅までスポーツ新聞をお届けします!

銘柄月ぎめ料金1部売り料金購読
日刊スポーツ3,353円140円申し込み
スポーツ報知3,355円140円申し込み
スポーツニッポン3,353円140円申し込み
東京中日スポーツ3,039円140円申し込み

※日刊スポーツの大阪・名古屋エリアは1部売り130円
※スポーツ報知の中部エリアは1部売り130円
※スポーツニッポンの東海地方は1部売り130円

私のおすすめ・読者レビューで新聞比較

オススメする新聞記事やコラム、体験談など読者レビューで新聞比較。

天声人語を音読し、文章の構成を学ぶ。
天声人語を音読し、文章の構成を学ぶ。
朝日新聞
Read More
担任から「天声人語の書き写しか、音読を行うように」と指導されました。 声に出して読むと文章が無理なく頭に入ってきて、文章の構成をスムーズに学べた気がします。
編集手帳で国内外のニュースに詳しくなれました
編集手帳で国内外のニュースに詳しくなれました
読売新聞
Read More
編集手帳は色々とためになる情報が沢山あるので毎日読んでいます。分かりやすさを重視しているのですが、それでいて国内外のニュースに幅広く対応しており、色々なニュースに詳しくなれるのでおすすめです。
毎日新聞の社説を読み解くは他紙との比較ができるので便利です
毎日新聞の社説を読み解くは他紙との比較ができるので便利です
毎日新聞
Read More
毎日新聞の社説を読み解くでは、前月の社説のテーマをピックアップして他紙との比較をしているので参考になります。多様な観点からの社説の分析によって、色々なニュースを多角的に見れるようになりました。
産経抄で講和のネタづくり
産経抄で講和のネタづくり
産経新聞
Read More
学生向けの講義の前段にちょっとした講話が必要になります。そんなとき、ネタづくりで便利なのが産経新聞の産経抄。時事問題をシンプルにまとめてあります。
私の履歴書で就職の準備
私の履歴書で就職の準備
日本経済新聞
Read More
就職活動の準備を行うにあたり、志望する企業のトップが私の履歴書に連載をしていたので、バックナンバーも含めて全て読み込んで面談に臨み、見事内定を頂きました。
水曜日は原発に注目する日
水曜日は原発に注目する日
東京新聞
Read More
東日本大震災の被害で、原発事故が発生し、当時の日本は、緊張感に包まれる日が続きました。 しかし今では、原発に関する記事は少なくなり過去の出来事になりつつあります。 しかし、原発の被害は今も収束しておらず、東京新聞では毎週水曜日原発に関する記事を載せています。 今の現状を知る上でとても貴重な記事になっています。
Previous
Next
新聞を読むメリット・新聞の活用方法

新聞を読むメリット・新聞の活用方法についてご紹介します。

コミニュケーション力が身につく
コミニュケーション力が身につく
Read More
コミュニケーションは社会を生き抜くなかで、重要なスキルです。
世の中を知り、知識を身につけ、対人関係を円滑に図るために新聞を読むことは役立ちます。
ある会社が調査した結果によると年収1000万円以上の人は、新聞を購読している確率がとても高いそうです。
新聞を購読しているかどうかが入社の審査基準になっている会社もあります。
知識や見識の幅が広がる
知識や見識の幅が広がる
Read More
ネットでニュースを見ていると、自分に興味のある内容ばかりに目がいきがちですが、新聞は1枚のページに多岐にわたる内容が書かれているため、興味のない内容にも自然と目がいきます。
興味のなかったことや意識してなかった内容にも自然と触れることができ、日本や世界の様々な新しい分野にも関心が持てるようになります。
社会を生き抜くチカラ・語彙(ごい)力が身に付く
社会を生き抜くチカラ・語彙(ごい)力が身に付く
Read More
新聞を読んでいると必ずと言っていいほど読めない漢字や、意味の分からない言葉が出てきます。
興味を持って調べて理解していくことで、自分の知識が広がっていきます。
知識が増えていくことで、知恵が生まれ、社会で生きていくチカラが身に付きます。
語彙(ごい)が増え、日常会話でも使用するようになると、言葉の信頼感が増します。
活字による脳の活性化
活字による脳の活性化
Read More
脳は、新しい情報や新しい言葉に触れると活性化することが研究で明らかにされています。
朝10分の新聞音読は特にお子様におすすめです。
活字として新しい情報を読むだけでも脳に良い影響を与えますが、朝の音読は脳をフル回転させ、老化防止効果や、脳の若がえり効果、成績アップにつながるなどひときわ目を見張る成果があります。
Previous
Next
新聞比較.comよくある質問

初めて新聞を購読する方に向けて、新聞購読についてのよくある質問をまとめました。

新聞比較.comは、国内最大級の新聞比較・新聞申し込みサイトです。

新聞の価格や特徴、読者のレビューなど全国紙・新聞電子版・こども新聞・スポーツ新聞が比較できます。

簡単1ステップで、全ての新聞がオンラインでお申し込み可能です。

日本全国お住まいの地域を担当する新聞販売店へご連絡します。

※朝刊のみの配達も承ります。

個人情報のお取り扱いについてはこちらをご覧ください。

お引っ越しで引き続き、新聞をご購読する場合はこちらのフォームよりお願い致します。

新聞比較.comではオンラインで24時間365日、新聞の購読を受け付けています。

お客様の地域を担当する新聞販売店に取り次ぎさせて頂きます。

宅配の新聞はお住まいの地域によって、新聞販売店が決まっており、新聞の購読はお住まいの地域を担当する新聞販売店とのご契約となります。

新聞のお申し込み後、事務局より確認のお電話をさせて頂きます。

確認が取れ次第、お住まいの地域を担当する新聞販売店より配達されます。

宅配の新聞には、お住まいの地域によって「セット版」発行地域と「統合版」発行地域があります。

セット版エリアでは朝刊と夕刊をセットでお届けし、統合版エリアでは朝刊のみをお届けしています。

お客様の方でセット版、統合版を選択することはできません。

宅配の新聞は、お住まいの地域によってセット版(朝夕刊)と統合版(朝刊)発行地域に分かれます。

セット版地域にお住まいの方が、朝刊のみ購読を希望する場合、お住まいの地域の新聞販売店ごとに、朝刊の価格は異なりますのでご注意ください。

セット版地域で朝刊価格を知りたい場合はお申し込み後、販売店に直接ご確認ください。

新聞宅配のご契約については、お住まいの地域を担当する新聞販売店との契約になります。

契約は主に3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月単位となります。

新聞販売店は新聞をお届けし、月末にクレジットカード、口座振替払、訪問集金のいずれかの方法でお客様から購読料金を頂戴いたします。

日本全国の新聞販売店は、新聞社と取引契約を結び、新聞社から新聞を仕入れて販売しています。

同じ系統の銘柄しか扱っていない新聞販売店(専売店)もあれば、その地域で発行されている全ての新聞を扱う新聞販売店(合配店)、またその中間で全国紙や地方紙など複数扱う新聞販売店(複合店)など、地域によって様々です。

新聞の宅配契約は、お客様の地域を担当する新聞販売店とのご契約となります。

定期購読される宅配の新聞には消費税率を8%のままとする軽減税率が適用され、宅配の月決め購読料はこれまでと変わりません。駅やコンビニエンスストアでの一部売りや「新聞デジタル」サービスについては軽減税率の適用がされず、消費税率は10%に引き上げとなります。

新聞デジタルサービスでは朝日新聞デジタルのみ消費増税後も料金プランの変更はありません。

2020(令和2)年の朝刊配達をお休みする日は以下の通りです。

1月 2日(木)
2月10日(月)
3月16日(月)
4月13日(月)
5月 7日(木)
6月15日(月)
7月13日(月)
8月17日(月)
9月14日(月)
10月12日(月)
11月 9日(月)
12月14日(月)

※1月2日(木)は朝夕刊ともお休みです。

※国政選挙、その他の事態により変更する場合があります。

新聞の購読申し込みは24時間365日Webよりお申し込み頂けます。